水防訓練が行われました。

2022/05/21

令和4年5月19日9時から「教育の森公園」にて文京区合同水防訓練が行なわれました。
コロナ禍により、3年ぶりの開催です。文京区役所、消防署職員、消防団、文京区内150町会から多くの参加者があり盛大に行われました。仲町町会からは3名の役員が出席しました。
水害ハザードマップによれば、仲町町会エリアは水害の心配はなさそうですが、千川通りは浸水の可能性もあるようです。他町会エリアで水害が発生した際には、水防に協力できるように水防技術も学んでおきましょう。
「越水防止工法」も工夫されてきています。「積土のう工法」「改良積土のう工法」「角落とし工法」「新型越水防止工法」「簡易水防工法」などがあり、あらかじめ内容を知っておくことで災害発生時に早期対策がとれます。
【防火防災部】
 
積土のう工法の基本、土のうづくり。
作業体験者は真剣に取組んでいました。
仲町町会エリアにお住いの皆さん、次回は是非一緒に参加しましょう。











 
「新型越水防止工法」丈夫な長いチューブに水を入れることで土のうの代わりになります。
オレンジ色はチューブ、青色は神田川を表現しています。
このほか、赤ちゃんの紙おむつのように、通常は小さなサイズですが、水を含むと土のうのように膨らむ新商品も紹介されていました。玄関から入る水を防ぐのには便利です。

PAGE TOP